読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MotoGP Reports by St.Bernard

MotoGPのレース内容をレポート

MotoGPテスト 2016 カタルニア オフィシャルテスト (2016-06-06)

f:id:motagp:20150606213349j:plain f:id:motagp:20150730233042j:plain モトGP カタルニア オフィシャルテスト
Official Test 2016/06/06 10:00-18:00

カタルニアGPの興奮が残る翌日、同サーキットでオフィシャルテストが行われました。
仕事とは言えライダーは大変ですね。

f:id:motagp:20160606074531p:plain

 

参加したのは18名、前日優勝のロッシは午後から走行を開始しました。
理由は不明、飲み過ぎ?

 

テスト内容は映像配信無く、ライブタイミングによるリアルタイム中継のみ。
しかも区間タイムは非表示の簡易的なパターンです。

天候晴れ、気温、路面温度非公開。

 

以下は情報の少ない中、公式ツイッタに投稿された画像です。

 

 

 

午前の走行が始まり、ビニャーレスが4周目に1:44.630を記録、直ぐピットに戻り暫くこのタイムを更新するライダーは現れませんでした。
その30分後の9周目には1:44.310を記録。
これは予選4番手のタイムになります。

午前中は兄エスパルガロも積極的に走行、上位タイムを記録していました。
決勝レースでの問題は解決できたか?。
 
ロレンソは5周走って、20分~50分ピット作業、この繰り返しでテストを実施。
タイムは1:46~47秒と控えめなタイム。
そして昼休みに入る前に、1:44.202の自己最速タイムを記録。
 

 

午後に入るとロッシが走行開始。
5~8周走ってピットイン、何か変えて再走行の繰り返しで42周走行。
さすがプロ、仕事はちゃんとしました。

 

今回のテストトップは一人1:43秒台を記録したクラッチロー。
周回数は73周と多め、4周走ってピットの繰り返し、プロの仕事ってやつでしょうか。
最後にトップタイムを記録して終了、100点満点ですね。
予選に換算すると2番手のタイム、ホンダは良い情報を蓄積できた事でしょう。

 

 

詳細結果


順位ライダーチームタイムトップ差周回数
1 クラッチロー LCR.Honda 1:43.963 0 0 72/73
2 ロレンソ MovistarYamaha 1:44.202 0.239 0.239 26/49
3 ビニャーレス TeamSUZUKI 1:44.310 0.347 0.108 9/65
4 イアンノーネ DucatiTeam 1:44.390 0.427 0.080 26/36
5 兄エスパルガロ TeamSUZUKI 1:44.717 0.754 0.327 31/64
6 バルベラ AvintiaRacing 1:44.889 0.926 0.172 33/75
7 ドビチオーゾ DucatiTeam 1:44.968 1.005 0.079 54/55
8 マルケス RepsolHonda 1:45.029 1.066 0.061 42/77
9 レディング OctoPramac 1:45.328 1.365 0.299 58/60
10 ペドロサ RepsolHonda 1:45.379 1.416 0.051 21/39
11 ロッシ MovistarYamaha 1:45.454 1.491 0.075 23/42
12 スミス YamahaTech3 1:45.670 1.707 0.216 44/83
13 弟エスパルガロ YamahaTech3 1:45.835 1.872 0.165 3/48
14 バウティスタ ApriliaGresini 1:46.338 2.375 0.503 28/72
15 ペトリッチ OctoPramac 1:46.515 2.552 0.177 26/67
16 ブラドル ApriliaGresini 1:46.524 2.561 0.009 44/82
17 ミラー EG0.0MarcVDS 1:47.005 3.042 0.481 14/48
18 ラバト EG0.0MarcVDS 1:47.481 3.518 0.476 3/16

 

 

 

以上