読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MotoGP Reports by St.Bernard

MotoGPのレース内容をレポート

MotoGP 2016 カタルニアGP 予選結果 フロントローにホンダ2台 [第7戦]

 [第7戦] 2016/06/05 カタルニア(スペイン) カタルーニャ

f:id:motagp:20150606213349j:plain f:id:motagp:20150730233042j:plain モトGP カタルニアGP Rd.07 FP3.FP4,Q1,Q2

(スペイン・カタルーニャ)

昨日、Moto2のFP2で不幸な事故発生、緊急対策としてF1用のシケインを追加したコースレイアウトで開催する事になります。
(13コーナーの手前からL字曲げたシケインを設置、14,15コーナが追加になりました)
ルイス・サロンのご冥福を祈ります。

 

 

 

今日の予定

event start end result
2015RACE     99,46,26
FP1 2016/06/03(金)16:55  17:40  25,99,46
FP2 2016/06/03(金)21:05  21:50  99,25,35
■FP3 2016/06/04(土)16:50  17:50(15分拡大)  25,93,26
FP4 2016/06/04(土)20:30  21:00  93,29,25
Q1 2016/06/04(土)21:10  21:25  8,4
Q2 2016/06/04(土)21:35  21:50   
WUP 2016/06/05(日)16:40 17:00   
RACE 2016/05/05(日)21:00  25LAP  

 

  目次

 

 

 

f:id:motagp:20150730233042j:plain

 

f:id:motagp:20160326113742p:plain

 

FP3:初日フリー走行3(午前)15分延長

  • 天候晴れ 気温21.1℃ 路面26.6℃
  • セクター4にシケインが追加された事で、昨日までの順位はクリアーされました。
  • 残り54分、ロレンソ、弟エスパルガロの順。
    1:48.621
  • 残り51分、ロレンソ、マルケスの順。
    1:46.119
  • 残り45分、マルケストップタイム。
    1:45.862
  • 残り40分、マルケス、ロレンソ、イアンノーネの順。
    ドカティやっと上位に上がってきました。
  • 残り39分、兄エスパルガロは迷走中、現在17番手。
  • 残り36分、ペドロサトップタイム。
    1:45.818
  • 残り35分、兄エスパルガロが5位タイム、ビニャーレスは8位。
  • 残り34分、ペドロサタイム更新。ペドロサ、マルケス、ロレンソの順。
    1:45.354
  • 残り31分、マルケスリアが暴れるマシンでタイムアタック。
  • 残り26分、上位ライダーはピット。
    15分の追加時間は必要だったのか?ちょっと疑問。

  • 残り21分、上位ライダーのピットアウトが始まりました。
  • 残り20分、クラッチロー3位へ浮上、パパ頑張る。
  • マルケス転倒!
  • 残り18分、マルケスはスクーター二人乗りで戻ります。
    でもピットは足で走ります。
  • 残り12分、ビニャーレス、トップタイム。

     1:45.276

  • 残り10分、マルケスはもう一台のマシンで走行開始。
  • 残り7分、マルケスの転倒車両を回収中、カウルの上にカバーを掛けています。
    何か秘密でもあるのでしょうか?
  • 残り6分、マルケス、トップタイム。2号マシンの精度が高いぞ。
    1:44.847
  • 残り4分、スミス転倒。
    弟エスパルガロ2番手浮上、マルケス、弟、ビニャーレスの順。
    未来のMotoGPトップ争いかも。
  • 残り2分、ロッシ13番手、ピンチ。
  • 残り1分、ロレンソは5番手、ヤマハワークスどうした。
  • 残り僅か、ビニャーレス、トップ返り咲き。
    1:44.727
  • チェッカー、ビニャーレス、マルケス、ペドロサの順で終了。

     

  • ロッシ最終ラップに4番手タイム記録。
    危なくQ1決定になる所でした。
     

     

FP3詳細

順位車番ライダー国籍チームバイクタイム記録周周回数トップ差最高速
1 25 ビニャーレス SPA TeamSUZUKI SUZUKI 1'44.727 21 22 0 0 340.5
2 93 マルケス SPA RepsolHonda HONDA 1'44.847 17 21 0.120 0.120 341.2
3 26 ペドロサ SPA RepsolHonda HONDA 1'44.951 21 21 0.224 0.104 345.9
4 46 ロッシ ITA MovistarYamaha YAMAHA 1'45.071 23 23 0.344 0.120 340.8
5 44 弟エスパルガロ SPA YamahaTech3 YAMAHA 1'45.193 18 21 0.466 0.122 338.5
6 99 ロレンソ SPA MovistarYamaha YAMAHA 1'45.287 20 20 0.560 0.094 340.8
7 45 レディング GBR OCTO-PramacYakhnich DUCATI 1'45.305 19 23 0.578 0.018 343.2
8 9 ペトリッチ ITA OCTO-PramacYakhnich DUCATI 1'45.321 22 23 0.594 0.016 341.6
9 35 クラッチロー GBR LCR.Honda HONDA 1'45.344 22 22 0.617 0.023 337.0
10 29 イアンノーネ ITA DucatiTeam DUCATI 1'45.517 20 24 0.790 0.173 347.2
11 68 ヘルナンデス COL AsparTeamMotoGP DUCATI 1'45.543 23 24 0.816 0.026 342.6
12 4 ドビチオーゾ ITA DucatiTeam DUCATI 1'45.602 19 21 0.875 0.059 345.7
13 8 バルベラ SPA AvintiaRacing DUCATI 1'45.734 18 20 1.007 0.132 334.0
14 41 兄エスパルガロ SPA TeamSUZUKI SUZUKI 1'46.018 21 21 1.291 0.284 337.3
15 43 ミラー AUS VDS HONDA 1'46.051 22 22 1.324 0.033 338.8
16 19 バウティスタ SPA ApriliaGresini APRILIA 1'46.343 19 23 1.616 0.292 338.2
17 51 ミケーレ.ピロ ITA AvintiaRacing DUCATI 1'46.558 18 20 1.831 0.215 337.1
18 50 E.リバティ IRL AsparTeamMotoGP DUCATI 1'46.613 20 21 1.886 0.055 337.1
19 6 ブラドル GER ApriliaGresini APRILIA 1'46.826 22 22 2.099 0.213 338.0
20 53 ラバト SPA VDS HONDA 1'46.993 22 22 2.266 0.167 335.4
21 38 スミス GBR YamahaTech3 YAMAHA 1'47.513 5 19 2.786 0.520 337.0

 

 

FP4:レースシュミレーション

  • 天候晴れ 気温26.6℃ 路面36.8℃
  • ホームコースのマルケス、今日からスペシャルヘルメット。

     ヘルメット上部の絵は電源スイッチ?やる気スイッチか?

  • 残り21分、4ラップ終了して、マルケス、イアンノーネ、レディングの順。
    1:45.194
  • 残り19分、雲が出てきました。
    ペトルッチ転倒。

     

  • 残り15分、兄エスパルガロ、タイムが縮まりません、現在21位(最下位)
  • 残り13分、ビニャーレスはピットでヘルメットを被ったまま座っています。
    準備ができた様でピットアウト。
  • 残り9分、珍しくロレンソとロッシが一列に並んで走っています。
    ロレンソ、ロッシを前に出した。やはり嫌だったか。

     

  • 残り6分、マルケス、イアンノーネ、ビニャーレスの順。
    ロッシ6位、ロレンソ14位です。どうしたヤマハ。
  • 残り3分、クラッチロー2番手タイム。
  • 残り僅か、誰もタイム更新できない。
  • チェッカー、マルケス、クラッチロー、イアンノーネ、ビニャーレスの順で終了。
    ロレンソは14位でした。

 

 

 

 

 

 

Q1:予選1

  •  曇り時々晴れ、気温25℃、路面温度37℃
  • Q2常連でQ1で走っているのはドビチオーゾ、スミス、兄エスパルガロです。誰がQ2に上がれるでしょうか。
  • スミスはKTM移籍を発表してからQ1が多い。弟エスパルガロもKTM移籍を発表したから何か変わるかな?
  • 残り9分、ブラドル、ドビチオーゾ、兄、スミスの順。
    1:45.028
  • 残り8分、兄エスパルガロ、2番手浮上。
  • 残り7分、ピットインが始まりました。
  • 残り4分、ピットアウト続々、最後のタイムアタックが始まります。
  • 残り2分、バルベラ、兄、ドビ、スミスの順。
  • 残り1分、スミス2番手。
  • 残り僅か、兄がトップタイム。
    すかさずバルベラトップ返り咲き。
    ドビチオーゾ、2番手。
  • チェッカー、バルベラ、ドビチオーゾの二人がQ2進出。
    残念ながら兄エスパロガロ、スミスは敗退。

 

 

 

 

 

 

Q2:予選2

  •  曇り時々晴れ、気温26℃、路面温度41.3℃
  • ロレンソはピットアウトを遅らせています。
    先頭が3/4到達ポイントでピットアウトしました。
    ビニャーレスは更にピットアウトをずらします。

     

  • 残り10分、マルケス、ペドロサの順。
    1:43.905
  • 残り9分、ロレンソ2位タイム。
  • 残り8分、マルケス、バルベラを押し出した。
  • 残り7分、ピットインが始まりました。
  • 残り5分、マルケス、ロレンソ、ペドロサ、ビニャーレス、ロッシの順。
  • 残り3分、s1でマルケス最速。
  • 残り1分、ロレンソ、s1はマルケスより速い。
    S2,S3でも最速。記録更新できるか?
  • 残り僅か、マルケス、トップタイム更新。
    1:43.589
    ロレンソ、届かず2番手。
  • チェッカー、ロレンソもう一周、しかしタイム更新できず。
    マルケス、ロレンソ、ペドロサ、バルベラ、ロッシ、ビニャーレスの順でした。

 

 

 

Q2詳細

順位車番ライダー国籍チームバイクタイム記録周周回数トップ差最高速
1 93 マルケス SPA RepsolHonda HONDA 1'43.589 7 7 0 0 338.2
2 99 ロレンソ SPA MovistarYamaha YAMAHA 1'44.056 6 7 0.467 0.467 338.9
3 26 ペドロサ SPA RepsolHonda HONDA 1'44.307 7 7 0.718 0.251 341.9
4 8 バルベラ SPA AvintiaRacing DUCATI 1'44.322 4 5 0.733 0.015 338.4
5 46 ロッシ ITA MovistarYamaha YAMAHA 1'44.324 7 7 0.735 0.002 337.8
6 25 ビニャーレス SPA TeamSUZUKI SUZUKI 1'44.329 7 7 0.740 0.005 336.3
7 35 クラッチロー GBR LCR.Honda HONDA 1'44.366 6 6 0.777 0.037 334.5
8 29 イアンノーネ ITA DucatiTeam DUCATI 1'44.458 6 7 0.869 0.092 344.3
9 9 ペトリッチ ITA OCTO-PramacYakhnich DUCATI 1'44.911 5 6 1.322 0.453 338.3
10 4 ドビチオーゾ ITA DucatiTeam DUCATI 1'45.029 6 6 1.440 0.118 342.4
11 45 レディング GBR OCTO-PramacYakhnich DUCATI 1'45.030 6 7 1.441 0.001 339.1
12 44 弟エスパルガロ SPA YamahaTech3 YAMAHA 1'45.218 6 7 1.629 0.188 335.7

 

 

 

 

 

 

メーカー発表

www.honda.co.jp

 

race.yamaha-motor.co.jp

 

www1.suzuki.co.jp

 

www.ducati.co.jp

 

 

 

まとめ

 あれ、ビニャーレスは?
何故か予選でタイムが出せず6番手。

終わってみればホンダ、ヤマハのポール争いでした。
ペドロサも3位に入り、フロントローに2台のホンダが並ぶ結果です。
明日のホームコースレースは観客が盛り上がりそうです。

 

新コースレイアウトは低速コーナーが増え、ホンダ車に有利なコースに変わりました。
また、新コースへの順応性が高いマルケスの相乗効果で、ロレンソを0.467秒引き離しポールポジションを獲得。
決勝で逃げると誰も追いつけないアドバンテージがあります。

f:id:motagp:20160529153824p:plain

同じホンダのペドロサは3番手、このグランプリから新フレームを試しているとコメント。
旧コースでも4番手と良好、更に新コース効果でフロントロー獲得です。
ここ最近はスタートの消耗で優勝争いできていないから、今回は期待できます。

 

 

高速コーナーの安定性が抜群のヤマハ、新レイアウトでは利点が発揮できず苦戦。
それでも2番手のロレンソは流石、しかしマルケスに追いつけるレベルではありません。
ウォームアップ走行でどこまで改善できるか。
ロッシも同じく苦戦も5番手に入り、日曜日はサンデータイダーの本領発揮を見せてほしい。

 

スズキ車は更に苦戦、今までの好調データが使えない、ビニャーレスがなんとか6番手(2列目に)に入る結果でした。
新レイアウトに対応できないと言うよりは、午後路面温度が上がった事が遅くなった原因とコメント。
兄エスパロガロはQ2に進出できず、精神的ショックが影響。

 

ドカティは新旧レイアウトどちらでも苦戦。
旧レイアウトの終盤で、イアンノーネが上位に入るも振出しに戻り低迷。
そんな中サテライトチームのバルベラが、Q1から這い上がりQ2で4番手タイム。
マルケスに「遅いやつどけ」的に押し出されていましたが、意外と速かった。

f:id:motagp:20160430213524p:plain

 

 

 

 

 

 

次の 6/4 16:40のウォームアップ走行は注目です。

 

 

以上